人間の進化と退化

人間の祖先に当たる人達も、他の哺乳類同様に全身長い毛をまとっていたものと思われます。
その長い毛で猛暑や極寒の中を生き抜いてきたのでしょう。

しかし人間は猿人から原人へと進化の過程を歩んでいます。
この過程で道具や火を使うようになったことで体温調節が容易になったと思われます。

そのため身体全体を覆う長い毛、つまり体毛が不要となり退化したと考えられています。

髪の毛は脳の断熱材である

生き物の頭部には最も重要な組織の一つ、脳があります。
ということは頭部は脳を守らなければならないわけです。

もし頭部に髪の毛がないと脳は高温や低温などの影響でダメージを受けることになります。
そしてこのダメージは身体全体の生命バランスに異常をきたす原因になります。

このように人間にとって髪の毛とは、
生命活動を果たす上で重要な役割を持つ脳を暑さや寒さから守るために退化せず残ったものである。と考えられているのです。

そのため脳を守るためにも健康な髪の毛であり続ける必要があり、
そのために日頃のヘアケアがポイントになってくると言えます。

正しいヘアケアで薄毛対策をしていきましょう。

スポンサードリンク