リンスとトリートメントの効果的な使用方法

リンスもトリートメントも効果的な使用方法の基本は
頭皮ではなく髪の毛につけるようにすること!です。
当たり前のことのようで、これが意外と出来ていない人が多いのです。

リンスやトリートメントは不足している髪の毛の油分、水分を補給するのが目的です。
そのため頭皮に直接つけたところで効果が望めないだけでなく、
頭皮に洗い残しがあるだけで悪影響を及ぼすこととなりヘアケア的には逆効果です。

そんなリンスやトリートメントは髪全体もそうですが特に傷みやすい毛先に多めにつけるとより効果的です。
何故なら髪の毛は傷んでいればそれだけリンスやトリートメントの有効成分を吸着しやすいためです。

そこでリンスとトリートメント効果をより得るための具体的な使用方法をご紹介します。
これをしっかり覚えて日々のヘアケアに取り入れていきましょう。

リンスとトリートメントの量と置く時間

リンスとトリートメントの量と置く時間について解説します。

まず使用量は
・髪の毛の傷み具合
・洗い上がりの好み
これらにより使う量を調整してみるといいでしょう。
特に乾燥し傷んでパサついている髪の毛と健康的な髪の毛とでは使用量も変わってくるものです。

次に髪の毛につけてから流すまでの置く時間ですが、
◆リンスの場合
即効性があるため髪の毛全体によくなじませた後すぐにすすいで良い
◆トリートメントの場合
髪の毛全体につけてから洗い流すまで約5分程度置いてから流すとより効果的
このようになります。

トリートメントの場合は5分ほど時間を置いた方がいいわけですが、
それは有効成分を髪の毛に良く浸透させるためです。
そのためこの時、蒸しタオルなどで髪の毛の湿度を上げてあげると更に効果的です。

かといって男性がここまでやるのは面倒かも知れませんね。
でもこの手間を惜しまず毎日ヘアケアの一環として続けていけば、
あなたも美髪のモテ髪になる日はそう遠くないかもしれません。

スポンサードリンク