リンスとトリートメント

気になったことありませんか?
リンスとトリートメントとの違いについて。

これらは基本的には同様で、
髪を滑らかにすることで櫛やブラシの通りをスムーズにしたり、静電気が発生するのを防いだりしてくれます。

でもリンスとトリートメントにはちゃんと違いがあるのです。それは、
髪のどこに効果的なのか?
という点です。

トリートメントについて

トリートメントは配合されているトリートメント成分を髪にゆっくりと浸透させます。
そして傷んで弱っている髪の毛を健康な状態に近づける働きがあります。

その他、トリートメントには他にも「治療」の意味も持ちます。
これは髪の内部にトリートメント成分が浸透することで、
枝毛、切れ毛の防止や、髪のうるおいを保持する目的で内側から強化するためです。

そのためヘアパック、ヘアマスクなどと呼ばれるものも髪の毛を包み込むことで同様の働きをすることから、これらもトリートメントの仲間であると言えます。

トリートメントとコンディショナー

トリートメントのように髪の毛の状態を整えるものにコンディショナーがあります。
これも同じような働きをすることからトリートメントの仲間であると言えます。

これに対しリンスは髪の内側ではなく外側に膜を作りコーティングすることで、
・外部から受ける刺激を軽減
・有効成分の流出を防ぐ
といった効果を期待できます。

そこでケアの順番とその効果としては
トリートメントをしてからリンスをするとより効果的です。
逆にリンスをしてからトリートメントをしてもあまり効果を期待できません。

このようにリンスとトリートメントとの違いを覚えておき、
より効果的なヘアケアをしていくために役立てていきましょう。

スポンサードリンク