朝シャンのデメリット

ヘアケアにおいて朝シャンにはメリットとデメリットがあります。
そこで朝シャンのデメリットをご紹介します。

まず挙げられるのは、
何かと忙しい朝にシャンプーをするため慌ててゴシゴシ洗い、すすぎも適当にサッとやって終わりなど、頭皮や髪を傷める原因となる雑な洗い方をしてしまうことです。
これは「朝シャンがダメ」というのではなく「念入りな洗髪ができないのがダメ」という意味になります。

次に朝シャンのデメリットとして挙げられるのは朝シャンだけで済まして夜にシャンプーをしなくなることです。

というのも髪の毛が最も成長するのは副交感神経が最も活発化することで成長ホルモンがたくさん分泌される夜22時〜2時の間です。
これに対し朝シャンだけで夜にシャンプーをしない場合、
毛穴に詰まった汚れや皮脂で毛穴は塞がれる挙句、そのまま放置することになります。
これでは髪の毛の成長を自ら妨げてしまうことになります。

その他、朝シャンのデメリット

他にも頭皮はシャンプー後ゆっくりと脂分を分泌し髪の毛を守る庇護膜を形成しますが、
朝シャンはこの庇護膜が形成される前に外出する事となります。
すると紫外線などをダイレクトに浴びてしまうため髪は傷んでしまうのです。

また先にも挙げたように夜にシャンプーをせず汚れを落とさないままで過ごすことは、
睡眠の質を低下させ成長ホルモンの分泌に影響を与えます。
そのため朝シャンだけで済まさず夜もしっかりシャンプーをして汚れを落としリラックスすることが大事です。リラックスは髪の健康維持に欠かせない要素の一つなのです。

そして何より朝シャンの大きなデメリットは起床直後の毛穴の状態にあります。
このタイミングの毛穴は開いた状態あるため、
ここでシャンプーをしてしまうと毛穴へ過度の刺激を与えてしまうことになります。
これもまた薄毛を促進させる原因の一つなのです。

このように朝シャンには様々なデメリットがあります。
それを知らずに間違った朝シャンを続けていれば頭皮にとっても髪の毛にとってもマイナス要因にしかなりません。

そのため正しい朝シャンの知識を身に付け間違いのないヘアケアに取り組んでいくことをオススメします。

スポンサードリンク