シャンプーの基本要素

ヘアケアの基本であるシャンプー。
そんなシャンプーの基本要素をご紹介します。

シャンプーを製造する各メーカーはそれら基本要素つまりは
シャンプーに求められるものが何であるか
を踏まえた上で商品開発を行い商品を発売しています。

そんなシャンプーの基本要素についてご紹介します。

シャンプーの7つの基本要素

◆その1 洗浄力
洗髪でどれだけ汚れを落とせるかはポイントの一つになります。
かといって強力すぎる洗浄力は髪の毛や頭皮を傷める原因となるためNGです。
そのため必要な油分を残せる適度な洗浄力が理想的です。

◆その2 pH(ペーハー)値
基本的に髪の毛と皮膚と同様の値となるpH値5〜6で表される弱酸性を選びましょう。

◆その3 安全性
シャンプーは髪の毛と頭皮に直接触れるものなので、少しでも安全な物を使いたいものです。
そこで目安として「表示指定成分」の配合が少ないものを選びましょう。
方法はシャンプーの容器の裏をチェックすることです。

◆その4 泡立ち
シャンプーの泡にもちゃんと役割があるため、泡立ちが良ければそれだけ洗髪時の摩擦から髪の毛を守ることができます。

◆その5 殺菌力
どんな商品でも殺菌力や除菌力がウリの一つになっていますがシャンプーにもこれらは求められます。
汚れを落とす以外にも頭皮に棲みつく細菌を殺す殺菌力はある程度あたほうが良いですね。/p>

◆その6 フィーリング
香りにはリラックス効果を期待できるものもあり、
シャンプーには様々な香りがあります。
そんな中から自分のフィーリングに合ったものを選びたいものです。

◆その7 価格
上記全ての条件を満たしたシャンプーが開発されたとしてもその価格があまりに高価であれば長期的に使用し続けることは困難です。
長い目で見て愛用し続けられる価格であるものが良いですね。

スポンサードリンク